まつげ美容液を塗る回数について

 

目元の印象を決めるまつげはとても重要なパーツですが、マスカラの重ね塗りやエクステ、まつげパーマなどでダメージを受けています。
ダメージを受け続けるとまつげが抜けてまばらになったり細く短くなってしまいます。
そこでダメージを与えずに美しいまつげにする方法としてまつげ美容液の人気が高まっています。
まつげ美容液には毛の元となる細胞を成長させる成分や、血流を促し毛の成長に必要な栄養や酸素をとどけるための成分などが配合されています。
生えているまつげを抜けにくくして長さをだし、新しいものが生えてくることでボリュームを得ることができます。
製品によって塗る回数は1日に1、2回の使用が目安となっていますが、繊細な目元に使用するため清潔な状態でなくてはいけないので朝の洗顔後や夜、メイクを落とした後に使用することが大切です。
まつげが生えてくるためにはまつげの先端ではなく根本の部分にしっかりと塗る必要があります。
人間の細胞は夜の10時から2時の間に成長するため、この時間帯に使用すると皮膚からの吸収が良いので育毛としては夜に使用したほうが効果的といえますが、まつげの保護やマスカラの下地効果もあるものは朝も使用することでより一層効果を得ることができます。